税理士法人創経スタッフブログ
 

経理業務を効率的に!

カテゴリー:㈱SSC 2017.06.02

自社にてしっかりと経理を行っていても、なかなかリアルタイムな数字を把握することは難しいかと思います。
例えば作成した経理資料を顧問税理士に預け、1~2ヵ月後に報告を受けているような会社。
このようなスタイルだと、どうしてもタイムラグが生じてしまい迅速な経営判断が困難になります。

「このご時世何があるかわからないし常に会社の現状は把握していたい」

そんな時は経理ソフトを見直してみてはいかがでしょう。
ソフトによっては会社の収支のみならず、細かな部門別管理や予実管理、資金管理も可能になり、
経理業務がダイレクトに経営分析へ繋がります。

また入力方法も、エクセルに入力されたデータをそのまま読み込むことができたり、
銀行からデータを取寄せて読み込んだりと、かなり簡略化されています。

会社の現状分析を常にしたい、複雑になってしまっている経理業務を簡略化したい
そのような方は一度会計ソフトの見直し、または導入を考えてみてはいかがでしょうか。